ZEHロードマップ

ZEHビルダーとは

本事業の趣旨ならびに、「ZEHロードマップ」の意義に基づき、自社が受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標(以下「ZEH普及目標」という)を掲げるハウスメーカーでZEHビルダーとして登録する。

ZEHとは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などで再生可能エネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページへの提示、及び現場見学会、各種セミナー等で幅広いお客様にZEH基準の家造りの周知、普及を行う。

ZEHコストダウンに向けた具体策

ZEHに向けた住まいを探求し、ZEHモデルプランを規格化、標準仕様(商品)を作成する。

高性能断熱材、高断熱サッシ・ガラス、高効率給湯、高効率電化設備、高効率太陽発電等の原価を見直しによりコストダウンを図ります。

その他の取り組みなど

断熱性能、再生可能エネルギーだけに頼るのではなく、間取りプラン、採風等考慮した省エネルギー効果をお客様に提案していきます。

ZEH普及目標

年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標値 10% 15% 30% 45% 60%
実績 0% 15% -- -- --